認定歯科衛生士(う蝕予防管理)

「認定歯科衛生士(う蝕予防管理)」とは、公益社団法人日本歯科衛生士会認定歯科衛生士制度規則第14条二に基づく認定歯科衛生士(認定分野B:う蝕予防管理)です。

歯科保存学のう蝕予防管理に関する専門的知識と臨床技能を有する認定歯科衛生士の養成と、その生涯にわたる研修を図ることにより、歯科保健医療水準の向上と普及を図り、もって人々の健康の増進に寄与することを目的とします。
 令和2年1月28日に日本歯科衛生士会の認定歯科衛生士(認定分野B:う蝕予防管理)に登録され、令和2年7月3日に制度が施行されました。

認定歯科衛生士(う蝕予防管理)審査機関

審査試験は以下のテキストをもとに実施します

※2021年7月10日発行の第1版・第1刷は2020年度申請者向けの限定公開としておりましたが、
 2021年12月1日発行の第1版・第2刷より一般公開いたします。
(第2刷は、第1刷より一部図の削除・修正などの変更があります。)
 2022年度の申請を検討している方は、このテキストブックをご参照ください。

認定について

認定機関は、日本歯科衛生士会となります。日本歯科保存学会ではありませんので、ご注意ください。(日本歯科保存学会は、審査の実施とその結果に基づき日本歯科衛生士会へ推薦をします。)

更新について

日本歯科衛生士会で更新を受け付けております。

  • 日本歯科保存学会2022年度春季学術大会(第156回)
  • 2021年度各賞受賞者のご紹介
  • 「日本歯科保存学会」を名乗る不審な電話にご注意ください。
  • 研修単位管理システム関連
  • 投稿・発表における倫理規程
  • 会員行動規範
  • 個人情報保護に関する指針
  • 会員倫理規程
  • J-stage「日本歯科保存学雑誌」掲載論文をJ-STAGEで公開しています。 掲載論文は学術論文検索エンジン「Google Scholar」 で検索できます。
  • ohasys